PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日々の暮らしと、お菓子と、写真
広島の旅(観光編)


のほほーーん。

全く動じない鹿。
ここは、広島の宮島。
後ろに見えるのが、有名な厳島神社の大鳥居です。


ということで、旦那さんのお姉さん夫婦がいる、広島へ遊びに行ってきました♪
修学旅行で行かれた方も多いかと思いますが、私は初めての広島!2泊3日の旅☆


1日目は平和記念公園、広島の街中を周り、
2日目は宮島へ☆



まずは原爆ドームです。
資料館もじっくり見てきました。

戦争の悲惨さが伝わってきます。
本当に何の為に戦争をやっているのだろう、という気持ちでいっぱいになりました。




宮島へは、路面電車とフェリーを利用して。
かき祭り中だったので人がたくさん!



海に浮かぶ大鳥居。
思っていたより大きかったです!

世界文化遺産の厳島神社。




そして至る所に鹿、鹿、鹿〜
悠然と歩いていました。

続いて弥山へ。
ちなみに弥山の原始林も世界文化遺産の区域の一部だそうです。


ロープウェイでショートカット!


絶景です!!



もう少し頑張って、30分程山頂まで山登り。


山頂からの景色♪
(写真が白飛びしてます…><)
ここでお弁当を食べている方もちらほら。
爽快ですね!

山を降り、厳島神社に戻ると干潮になっていました♪


景色が全然違いますね!

たくさん歩いたな〜♪




posted by yuki | 11:46 | おでかけ | - | trackbacks(0) |
バースデイ



昨日で27歳になりました。

旦那さまから花束のプレゼント(^人^)




お花って、もらえるととても嬉しいですね♪

今日はいただいた花束をブーケにアレンジ♪
(ん??ブーケは花束のことか?笑)
久々にクリエイティブな事したカモ!なんて。

今年はたくさん勉強する年にしたいです(^o^)/











posted by yuki | 13:40 | 日々のこと | - | trackbacks(0) |
田貫湖からの富士山



湖に氷が少し張っています。

夫が足を湖にのせたがっていました。


危ないから!!((((( ;´Д`)))))ヒィィィィィィー!




posted by yuki | 14:23 | おでかけ | - | trackbacks(0) |
読書日記 〜幸福について ― 人生論〜


『幸福について ― 人生論』 新潮文庫
ショーペンハウアー (著), 橋本 文夫 (翻訳)


ショーペンハウアーの主著『意志と表象としての世界』を読もうと思っていて、
でもこれがとても長く、その前に別の著書を読んでみようと思って手に取った本。

表紙が今っぽくて、好きな雰囲気だわっとか思いながら気楽に読み始める私。
…最初の60ページくらい読むのに3時間もかかってしまいました。
50年前に訳された文章だったので、読むのが大変だったのです。
(じっくり読もうと思っていたからでもあるのですが。)

幸福で重要なのは、
朗らかさと健康。

ってこれだけ書くと、和やかなイメージになっちゃいますが…。
最初にショーペンハウアーは幸福な生活について、

「生きていないよりは断然ましだと言えるような生活のことである」

と定義しています。その時点で結構な衝撃。

さらっとではなく、じっくり読んだ方が良い本。
ですが、真面目過ぎずに著者のユーモアを感じながら。

後半の方に載っている「訓話と金言」には、人生のヒントがたくさん詰まっていました。

幸福って何だろうっと考えたことがある人に…








posted by yuki | 16:19 | 読書日記 | - | trackbacks(0) |
読書日記 〜夜と霧 新版〜



『夜と霧 新版』 みすず書房
ヴィクトール・E・フランクル (著), 池田 香代子 (翻訳)


「心理学者、強制収容所を体験する」。から始まる通り、著者の体験記です。
強制収容所に入れられた、極限の状態の人間の心理を淡々と描いています。
帯に書いてある通りの静かな書。
けれど…静かだからでしょうか。深く余韻を残し、感銘を受ける本です。

生きる意味。精神的自由。
愛する人の存在。世界の美しさ…

人生について、改めて考えさせられました。

若いうちにこの本と出逢えて良かった。
読んでおきたい1冊だと思います。







posted by yuki | 14:19 | 読書日記 | - | trackbacks(0) |